ゆる糖質制限を続けるために気を付けている3つのポイント | 40代からのダイエット&アンチエイジング

記事の詳細

ゆる糖質制限続行中!糖質を制限する生活には必ず慣れます

ゆる糖質制限中のreikoです。1日に摂取する糖質の量は130gと決めて日々糖質制限の食事と運動、頑張っています。長年かけて体にまといついたぜい肉(脂肪)は簡単には落とせません!食事を抜いたり極端な食事に走るダイエットで、さんざんリバウンドしてきた私。今回ばかりは同じことを繰り返さないと心に近い、しっかり筋肉をつけて代謝を上げる、そしてゆる糖質制限をするというダイエットに励んでいます。
最近、数値以上に見た目のシルエットが良くなってきました。>>ゆる糖質制限継続中。脂肪の層が薄くなって筋肉のラインが現れてきました

最初は甘いものが食べたくて仕方なくて辛かった。ですが、禁酒と一緒で、慣れます!一週間頑張れば、糖質を抑えた生活に、慣れます!


糖質制限を続けるためのポイント その1

【最初から無理しない】
point01
糖質を急に抑える食生活をすると、一気に体重が減ります。でも、体は正直なので糖質を欲しがります。そこで無理をして糖質を制限し続けると、体を壊します。筋肉が減ります。結果、代謝が落ちます。痩せにくくなります。なので最初から無理をしないことが大切だと思います。

糖質制限を続けるためのポイント その2

【糖質とは何かを知ること】
point2
私は糖質制限に関する本を数冊買いました。
なぜ糖質を制限すれば痩せるのか。糖質とはどういう働きをするのか。まずは糖質の事を良く知ることをお勧めします。敵がわかれば対策が立てやすくなります。
最強の食事

糖質制限を続けるためのポイント その3

【食べるものの糖質の量を把握する】
point3糖質って、甘いから糖質が多いという単純なものではありません。想像以上に糖質の多い食材、少ない食材があります。知識として食材やメニューの糖質を把握しておくことが糖質制限を続けるポイントだと思います。糖質の量を知っていれば、今食べていいものかどうかがわかります。1日の糖質制限量から換算して、あとどれぐらいの糖質を摂っていいかがわかるはずです。無用に我慢をする必要がなくなることで、ゆるく糖質制限を続けることが可能になると思います。

たとえば本日の私の朝食。
朝食

食べたもの糖質ランキング3位までがこちら。

 ■ライ麦パン(6枚切)1枚 糖質:28.2g
 ■みかん 1個 糖質:8.8g
 ■牛乳 160ML 糖質:5.9g

※みかんは半分残したので、4.4g

あとの食材も含めて、朝食で摂取した糖質の計は45.8g。

あと84gほどの糖質を摂取してもOKということです。

糖質制限をする際に気を付けていること

調味料やサプリメントにも糖質は含まれていますので注意が必要。
ちょっとずつ糖質がオンされていくからね。

ちなみに、しらす干しの糖質はゼロ!です。
鶏卵の糖質も低いです。(50gで0.2g)

ライ麦パンの糖質は結構高いですね!主食はやっぱり、糖質が高くなります。
でも食べないと、バテます。

栄養のバランスが悪いと、食欲が増します。バランスよく食べれた時は総カロリーが低くても満足感が得られます。体は正直です。

今後も無理のないように、ゆる糖質制限続けていきたいと思います。

関連記事

Profile

運営者: Reiko 40代 既婚 会社員
ページ上部へ戻る