少し油断するとすぐ摂取量がオーバーしてしまう糖質。まずは自分がどれぐらい糖質を摂取しているのか確認してみよう | 40代からのダイエット&アンチエイジング

記事の詳細

自分の糖質の摂取量を認識することから始めてみよう

引き締まった体を手に入れるため、ゆるやかに糖質制限を続けています
糖質は人間が生きていくうえでエネルギー源として使われるので、無くてはならないものです。
ですが糖質は、気を付けないと思った以上に日々の食生活の中で摂取しているんですよ!

今や日本人のほとんどが糖質過多になっているそうです。糖質をゆるやかに制限して、「血糖値を上げない食事」を続けることは、糖尿病に効果があるしダイエット効果も抜群だそうです。
まずは自分がどれぐらいの糖質を1日に摂取しているのか、確認してみることから始めてみませんか?

自分が摂取した糖質の量を計測する

まず、一日に自分が摂取する食べ物を記録してみましょう。
(書くだけでもダイエットに効果があると言われています)

朝食にチーズトースト、オレンジジュース、バナナ1本。
コーヒーに砂糖を2杯入れて。

な~んてサラっと食べてたら、それだけでかなりの糖分を摂取してしまってます!

 ●食パン1枚で20g弱の糖質があります。
 ●オレンジジュースは200mlあたりで21gの糖質!
 ●バナナの糖質は100gあたり21gの糖質。

 これは、角砂糖5.3個分に当ります。

すごい数値ですよね。

しかも炭水化物と同様にしっかり制限した方がよい理由として、

・単純糖質は消化の必要がないため、吸収されるのが早い
・血糖値が一気に上がる

らしいのです。

健康のためにはフルーツもバランスよく食べる必要がありますが、
糖質をしっかりコントロールすることがダイエットには重要になりますよね。

私は当初、過度の糖質制限をして体調を崩した経験があります。
>>糖質制限ダイエット*始めて3か月後の健康診断でクレアチニンの数値が!

無理な糖質制限は、メリットよりもデメリットの方が大きくなるのでお勧めすることはできません。ですが、自分の適性な糖分摂取を確認してから、無理なく制限することは健康にとって大事なことだと思っています。

わたしは、何も制限せずに摂取している糖質は160gを越えています。
間食が多いのが原因です。

間食で糖質を摂るのを出来るだけ控えるようにして、1日に120gぐらいの糖質に抑えるのが一番痩せるし、しんどくならない。
それが私の適性な糖質制限の数値です。

今朝の朝食はこんな感じ。
ごはんと味噌汁
・白米 100g (糖質36g)
・みそ汁 (糖質2.6g)
・納豆 (糖質2.7g)

糖質の合計、40g少し。

昼食は炭水化物を抜いて野菜とタンパク質をたくさん摂取。

このバランスだと、
夜は好きなものを食べられます!

関連記事

Profile

運営者: Reiko 40代 既婚 会社員
ページ上部へ戻る