アルコールを飲んで寝ると睡眠の質が悪くなるというのは本当か? | 40代からのダイエット&アンチエイジング

記事の詳細

3カ月禁酒を続けてみて、「禁酒すると痩せる」ということを身をもって体験しました。
体重も減りますが、体脂肪が短期間で3%減りました。
>禁酒が減量に効果的というのは、本当でした。
>>禁酒ダイエット!本当に禁酒で痩せるのか?禁酒のデイリーレポート(日々書き足し)

この記事の中にも書きましたが、禁酒をすることによって感じる効果は、減量の他にもいくつかあるんです。その中でも私が一番効果が大きいなと感じたのは、
禁酒をすると睡眠の質が良くなるということです。

アルコールを飲んで寝ると睡眠の質が悪くなる

これ、本当です!でも実際のところ、どうなのかよくわかりませんよね。
睡眠の質を数値化して確認するアプリを友人から教えてもらったので使ってみました。
今日はそのアプリを使って睡眠を計測してみた結果をご報告したいと思います。

睡眠サイクルの記録機能を備えたアプリ ”Sleep Meister

人の睡眠は大きく分けて浅い眠りであるレム睡眠と深い眠りであるノンレム睡眠のふたつに分けられます。眠りにつくと、まず深い睡眠であるノンレム睡眠があらわれ、次に浅い眠りであるレム睡眠へと移行します。人は一晩のうちに90分周期でこれを繰り返すと言われています。
Sleep Meisterは浅い眠りであるレム睡眠時にアラームを鳴らし、快適な目覚めを提供する睡眠サイクルの記録機能を備えた目覚ましアプリです。

Sleep Meisterとは、寝る時枕元にiPhoneを置いて寝るだけで、自分の睡眠時間や眠りの深さなどを自動で計測してくれるアプリです。寝言を録音する機能などもついてるんですよ!

Sleep Meister – 睡眠サイクルアラーム Lite

眠る前に睡眠時間を設定して、枕元にiphoneを置いてねるだけ。
あとは自動で記録してくれます。

アルコールを飲んで寝た時と飲まないで寝た時の睡眠の質の違い

アルコールを飲んで寝た場合。
寝つきは良くなるけど、翌朝に疲れが残っている感じがする。
o0480076613985121588

アルコールを飲まずに寝た場合。
想像以上に入眠までに時間がかかっていない。
翌朝は、ぐっすり寝た感じがある。
o0480076613985121606

朝、起きた時の感覚。その感覚とアプリの結果が、見事にリンクするんですよ!ぐっすり眠れた時は、睡眠効率のパーセンテージが高くなり、眠りの質が悪いと低くなります。夜中に起きてしまった回数なども記録されています。不思議ですね!振動やiphoneを触った時間などで解析するみたいです。

1週間ほど計測してみた感想

アルコールを飲む日と飲まない日。交互に繰り返して1週間ほど計測してみました。やはりアルコールを飲まずに寝た日の方が、睡眠効率のパーセンテージが高くなりました。「良く寝た」という感覚を持てた日は、しっかり良い睡眠をとれていたという証ですね。

質の良い睡眠は健康維持には大変重要です。最近、寝ても疲れが取れないな・・・そう感じる方は一度、お酒を飲まずに寝てみることをお勧めします。

関連記事

Profile

運営者: Reiko 40代 既婚 会社員
ページ上部へ戻る