あなたの骨盤の高さは左右同じですか?知ってて損はない、骨盤の高さがズレる原因 | 40代からのダイエット&アンチエイジング

記事の詳細

あなたの体は歪んでいませんか?体のゆがみ、骨盤の高さが違うなどの心配があるなら、下着姿になって正面から写真を撮ってみることをお勧めします。特に骨盤の高さの違いは、深刻な体の歪みの元になると言われています。

腰痛持ちの私も、実は相当骨格がゆがんでいます。骨盤の高さが右と左で違います。(骨盤だけでなく肩の高さも違います)
数年前は今よりもっとひどかったんです。しかし日々のトレーニングと生活習慣を改めたことで、ずいぶんと体の歪みが改善されてきました。

骨盤ゆがみのタイプを知って骨盤ゆがみを矯正すべしにも書きましたが、骨格(骨盤)の歪みは体調不良や頭痛などの原因にもなるんですよ。

”自分は体が歪んでいるかもしれない” そう思っているなら、まずは自分の体の歪みを知ることから始めてみませんか?

自分の体の歪みタイプを知ることから始めてみよう

私の体の歪みは複雑です。

【私の体の歪みメカニズム】
 ・左足重心である
 ・右の仙腸関節が開く
 ・右骨盤が上がる(骨盤が左に傾く)
 ・腰椎も左に曲がる
 ・胸椎が腰椎と反対側に曲がる
 ・首が曲がる
 ・顔が歪む
骨盤ゆがみのタイプを知って骨盤ゆがみを矯正すべし

骨盤のねじれ

なぜ左足重心になるのか

「左足重心になる」
私は右足の設地が悪く、左足に体重をかけるためにアンバランスになっていました。
左足重心になると右の仙腸関節が開く・・・かかりつけの整骨院の先生の見立てです。

なぜ左足重心になるのかがポイントになります。
左足重心になる原因の一つとして考えられるのは

右股関節が緩い

私は右股関節の開きが悪く、ギシギシと音を立てている感じです。
股関節の動きが悪い、股関節が開かないのは、”単に股関節が硬いから”だけの理由ではありません。


 ・右股関節が緩い
 ・支えようと周囲の筋肉が堅めようとする
 ・股関節周囲の筋肉が過度に緊張する
 ・緊張して引っ張られることにより骨盤が上がる
 ・右の腰の方が高くなる

股関節の可動域を広げるのが大事なんだそうです。

股関節の可動域を広げる

固まった股関節周囲の筋肉を緩めることが大切です。

 
 ・ストレッチ
 ・温めてほぐす
 ・筋肉を使う(使うと柔らかくなる)

ガチガチでまったく開かなかった右の股関節が、少しずつ開くようになるにつれ、骨盤の高さが揃ってきました。骨盤の高さが揃うと、膝の高さが同じになり、お腹の中心線がまっすぐに整ってきました。

私の場合、骨盤の高さがズレる原因は、「緩い股関節」でした。
もし、骨盤の高さが違うことに気が付いたら、股関節の硬さのチェックをしてみてください。
股関節のどちらか開きにくい方を重点的に、ほぐすようにしてみてください。

無理なストレッチはやめましょう。
他の筋肉を傷めます。(無理なストレッチをすると、ハムストリングスが痛くなったりします。)

以上、あなたの骨盤の高さは左右同じですか?知ってて損はない、骨盤の高さがズレる原因について
でした。

関連記事

Profile

運営者: Reiko 40代 既婚 会社員
ページ上部へ戻る