酢しょうがで血管年齢を若くしよう!しょうが・黒酢・はちみつで出来る簡単酢しょうが | 40代からのダイエット&アンチエイジング

記事の詳細

酢しょうが

血液サラサラ効果の高い生姜、黒酢、ミネラル豊富な はちみつで作る、
簡単酢しょうが
積極的に食生活に取り入れて、アンチエイジング効果を期待!

酢しょうがの材料

 しょうが
 黒酢
 はちみつ

酢しょうがの作り方

1.しょうがを良く洗い、皮付のまま細かく刻む。
しょうが

2.保存容器に入れる
しょうが

3.黒酢を入れる
黒酢

4.はちみつを入れて1日置く。
酢生姜

酢しょうがの食べ方

温かいご飯にかける
野菜炒めやチャーハンに入れる
納豆やキムチなどにかける
ヨーグルトにかける

生姜は熱を加えると、ショウガオールという薬効成分が有効に働きます。
※ショウガオールには、高い抗酸化作用があるアンチエイジングにはもってこいの成分です。
当ブログの生姜関連記事

おすすめは酢しょうがを熱いごはんにかけて食べること。
あと、私はコレステロール値が高いので、酢たまねぎを常食しています。酢たまねぎに酢しょうがをかけたりキムチにかけたり。思いついたら何にでも使えるのが酢しょうがの良いところです
酢たまねぎ
生姜氷より作り方も簡単でお手軽ですしね。

酢しょうがの効能

酢、生姜、はちみつ、それぞれの食材に素晴らしい効能がありますので、3つを同時に摂取できる酢しょうがは相乗効果が期待できそうです。
1日にティースプーン1杯(約30g)を目安に摂取します。

代謝を上げてダイエット効果を促進する
コレステロール値を下げる
体温を上昇させ免疫力が上がる
余分な脂肪を分解しやすくする

酢しょうがを摂取すると、額からじわじわと汗が出てきます。
体の芯からホカホカしてくるようです!

酢しょうがの保存方法

酢しょうがの保存期間は冷蔵庫で1週間~10日。
保存容器は密閉性の高いものを選んでください。(酢の臭いが結構します)
使用する前に保存容器は煮沸消毒してください。

さいごに

冬に脂肪を溜め込みやすくなった体を酢しょうがでリセットしましょう!
冷蔵庫に常備して、いつでも食べれるように作り置き♪
毎日摂取して血管を10日で若返らせたという放送内容だったので、次の健康診断が楽しみです!

コレステロール値が下がるといいなー!

関連記事

Profile

運営者: Reiko 40代 既婚 会社員
ページ上部へ戻る