極端な炭水化物抜き(糖質制限)をやめて、毎日走ることにしました | 40代からのダイエット&アンチエイジング

記事の詳細

先日、炭水化物抜きダイエット(糖質制限)を行って失敗しました。

糖質制限ダイエット*始めて3か月後の健康診断でクレアチニンの数値が!

落ちてしまった体力を回復させるため、
脂肪をより燃焼させるため、毎日最低3km走ることにしました。

ランニングは最初の3日目を超えると体が慣れてくる

今までの生活習慣を変えるということは、並大抵のことではありません。私は早朝しか時間がとれないため、いつもより1時間早く起きてのジョギング。
早起きってつらい!

最初の3日目は、眠いし面倒くさいしで、早くも挫折しそうでした。
でも、3日を超えると体が慣れてきました!

筋肉痛も3日目がピークです。あとは徐々に筋肉が負荷に慣れてきます。

もう28kmも走っています!気分いいですね♪
IMG_4537

アプリは「Runtastic」を使用しています。
走ったコースや距離、ペースも記録してくれます。
写真をとって履歴と共に保存することもできます。
Runtastic公式サイト:https://www.runtastic.com/ja

音楽を聴きながら無理なく自分のペースで走る。
あまり心拍数をあげないように、脂肪を燃焼させることを一番に考えて。

慣れるまでは同じことを繰り返し行う

慣れるまで同じルーティーンを行うことに決めました。

 1 お風呂を沸かす
 2 ジョギングに出かける
 3 お風呂に入る
 4 風呂上がりに全裸で体重を計る
 5 グリーンスムージー(朝食)を飲む

2月8日からスタートしましたので1週間なんとか継続しています。人は21日で生活のサイクルが定着するそう。21日間がんばれば、その生活習慣が身に付くってことですね。がんばります。

少し引き締まってきた体のライン

体脂肪と体重に大きな変化はありませんが、体のラインが変わってきたように思います!
特に、ふくらはぎに筋肉がついてきたような。
足が太くなるのは困りますが、目的は痩身だけではないので良いとしましょう。

本当はもっと早く痩せたいですが、急激な体重・体脂肪の減少はリバウンドを招くので、これぐらいのペースの減量がちょうどいいかもしれません。

昼食はしっかりと白米を食べる

毎日最低3km走る。体が疲れないように栄養のバランスを考えることも大事です。
炭水化物ダイエット(糖質カット)でクレアチニン値が上昇してしまったので、たんぱく質の摂取量を減らして、適量の炭水化物をとるようにしました。その方が体調がいいです。バテません。

納豆・アボガド・白米

たとえば今日の昼食。
白米はこれぐらい。
IMG_4530

納豆1パック。
IMG_4531

アボガド1個。(カロリーは高いけど栄養価も高い)
IMG_4532

アボガド

抗酸化作用のあるゴマと海苔をのせて、
だししょうゆでいただきます。
IMG_4533

みそ汁はタニタの減塩みそ汁(レトルト)
IMG_4534

みそ汁はお湯を多い目に作ります。
お腹がふくれて満腹感が得られますよ。

夕食は控えめに、アルコールは糖質ゼロをチョイスする

夕食は控えめにします。炭水化物はとりません。晩酌のビールは糖質ゼロ、プリン体ゼロのAsahiスタイルフリーを楽しみます。糖質ゼロ以外のビールはNG!
beer

スナック菓子ポリポリはNG!
甘いドーナツもダメ!

40代からのコアトレ

40代は、食べる以上にカロリー消費すべし。

変わりに、サラダや無塩アーモンド。
豆苗のサラダ

さいごに

継続は力なり。引き締まったボディ目指してがんばろう!

関連記事

Profile

運営者: Reiko 40代 既婚 会社員
ページ上部へ戻る