働く女性の肩こりからくる頭痛。もしかしてストレス?ただの肩こり?緊張性頭痛まとめと対策 | 40代からのダイエット&アンチエイジング

記事の詳細

頻繁に起こる頭痛に悩まされています。肩や背中、首までもがバリバリに張っているのが頭痛の原因だとは思うのですが、あまりに頻繁なので「もしかすると何か他に原因があるのでは?」と心配になってきました。パターン的に午後から頭痛が始まることが多く、「肩の重苦しい感じ」から症状がいっきに進展していく感じです。今日はごく一般的な頭痛である「緊張性頭痛」について、調べてまとめてみたいと思います。


最近、頑固な頭痛に悩んでいます。先日は頭痛と悪心でトイレに駆け込み嘔吐してしまいました。ほとんど毎日、午後から頭痛が始まっています。頭痛が「慢性化」してしまったのでしょうか?

緊張性頭痛の主な原因とは

1.精神的ストレス
2.身体的ストレス

緊張型頭痛の主な原因は、不安や緊張などの精神的ストレスと悪い姿勢などによる身体的ストレスです。ほぼ毎日痛みが続く「慢性」と月の半分以上ないしは1年に数回痛みがある「反復性」の大きく二つに分けられますが、片頭痛(ズキズキする痛みがあり、吐き気を伴う頭痛)を併発する混在型もみられます。
出典:緊張性頭痛と群発頭痛

私の頭痛は、ぐーっと頭部を締め付けられる感じで、拍動性の痛みではありません。頭痛が始まる前から肩や背中が異常に張りはじめるのが特徴です。そこまで進んでしまったら、寝ないことには頭痛は治まりません。頭痛が始まってから筋肉のこりをほぐすための処置をしても、時すでに遅し、という感じです。会社ではほとんどPCのに向かっているので、姿勢の悪さや眼精疲労が頭痛に拍車をかけている感は否めません。

緊張型頭痛(肩こり頭痛)の対処法

1.筋肉をほぐす(軽い運動、ストレッチ)
2.血流を良くして、血液の循環を促す(入浴や投薬)
3.体操やストレッチ(※偏頭痛の場合はこの限りではない)
4.精神的なストレスの緩和(軽い抗うつ薬や抗不安薬)
5.ストレスコントロール(半身浴やアロマなど)
6.姿勢を正す、体の歪みの矯正

身体的ストレスはPC作業の影響が大きいことは確かですが、「精神的なストレス」でも頭痛が起こるんですね。私はどちらかというとストレスを受けにくい性格をしていますが、その過信の裏に「自分でも気が付かない精神的なストレス」が潜んでいる可能性もゼロではありませんよね。


緊張性頭痛

緊張性頭痛を引き起こすストレスの種類

緊張型頭痛はストレスによってたびたび引き起こされますが、原因となるストレスの種類によって2つに大別されます。

1.精神的なストレスが原因の場合

対人関係などによる精神的ストレスがたまると、神経や筋肉の緊張が高まります。 この緊張が脳に影響を及ぼし、痛みを調整する昨日がうまく働かなくなり、頭痛が続くようになります。

2.身体的なストレスが原因の場合

不自然な姿勢などが原因で筋肉への負担が身体的なストレスになり、これによって頭痛が起こります。このような頭痛は、たとえば一日中コンピューターに向かう人に多く見られます。
いわゆる、自律神経失調症ってやつですか。頭痛に伴って体がフワフワする「緊張性頭痛特有のめまい」もあるそうです。※私はめまいは感じません
しかし、もっと肝心なことは「危険な頭痛でないかどうか」ということだと思います。頭痛が大病の前触れだったという話しはよく聞きますので注意すべきポイントだと思います。

頭痛は、しばしば「血圧や風邪のせい」にされることが多い。しかし高血圧や風邪では頭痛が起こらないと考えた方が良い。頭痛の原因の大半は、ストレスや疲労、肩こりなどから起こる緊張型頭痛(筋収縮性頭痛)と片頭痛に代表される血管性頭痛のふたつで、この両者で全体の90%以上を占めます。いずれも心配のない頭痛です。しかし、多くはないのですが、頭痛の中には放置すると生命にかかわるものがあります。大切なことは、手遅れになったりしないよう、「心配な頭痛」、つまり「緊急の処置を要する頭痛」とはどんな頭痛なのかを知っておくことです。
出典:脳神経外科 山本クリニック

私はどちらかというと低血圧の部類に入ります。血圧の平均値は98-50といったところでしょうか。以前はもっと低かったのですが、健康に気を使うようになってから少し低血圧が改善されました。低血圧だから「危険な頭痛ではない」とは限りません。まずは危険な頭痛ではないという確証を得ることが重要だと思います。

とはいえ、仕事をしているとなかなか「これぐらいの頭痛で」病院に行くことはできません。働く女性のほとんどがそうだと思いますが、まずはなんとか自力で改善しようと努力するしかないのです。

そこで、私の頭痛を「緊張性頭痛」と解釈した上での対策をご紹介したいと思います。

緊張性頭痛に立ち向かうため、私が購入した商品いろいろ

goods01

 ●血流改善 首ホットン
 ●血流改善 肩ホットン
 ●葛根湯
 ●アリナミンEX(ビタミン剤)
 ●入浴剤(クナイプ)
 ●ハーブティー(カモミール)

これらのグッズで緊張性頭痛は治まるのか?

・とにかく首と肩まわりを温める。
・頭痛・肩こり・筋肉痛に効くといわれている葛根湯を飲む。
・目・肩・腰に効くアリナミンEXを飲む。
・リラックス効果の高い入浴剤を使ってゆっくりと入浴する。
・仕事の合間にカモミールティーを飲んで交感神経と抑える。

これらに加えて、整骨院とスーパー銭湯に通いながら様子をみてみようと思います。
漢方薬も処方してくれる評判の良い鍼灸院が近所にあるので、予約しました。それでもダメなら脳神経外科に行ってみようと思います。

それでもダメなら精神的なストレスからくる頭痛だと判断できる

自分ではストレスを感じていないにもかかわらず、実は精神的なストレスから不定愁訴を訴える働く女性は多いそうです。
私は上司から「鈍感力が高い」と言われていますし、旦那からも「生きるのが楽そう」と言われるタイプです。ですのでストレスからくる緊張性頭痛だとは考えにくいのですが、今の段階では断定できません。自力で対策をしてみてダメなら器質的な問題がないか検査をする。それでもダメなら半月ほど家事の何パーセントかを放棄しようと思います。冗談抜きです。

関連記事

Profile

運営者: Reiko 40代 既婚 会社員
ページ上部へ戻る