質の良い睡眠と健康は直結する!年代によって必要睡眠時間が違う | 40代からのダイエット&アンチエイジング

記事の詳細

あなたは良い睡眠をとるための工夫をしていますか?良い睡眠は若さのもとです。
以下、ニュース番組「ゼロ」のイチメン!より。
今日のイチメンを見逃した人、睡眠が気になる人は読んでみてくださいね。

健康づくりのための睡眠指針の改定に関する検討会

睡眠

今年の2月3日、厚生労働省の検討会で「健康づくりのための睡眠指針の改定に関する検討会」が開催されました。

参考:2014年2月3日 第1回 健康づくりのための睡眠指針の改定に関する検討会 (議事録)

年代別の必要睡眠時間

厚生労働省の検討会によると、必要な睡眠時間は下記のようになります。

 ●10代前半=8時間以上の睡眠
 ●25歳=7時間
 ●45歳=6.5時間

45歳は6.5時間の睡眠でいいんですか。。。
確かに、若い時はよく眠れましたよね。
年齢を重ねるごとに、寝るのも体力が必要だと実感してきます。
寝すぎると頭が冴えないし、腰や背中が痛い!

世代別アドバイス

【若年層】

メールやゲームは眠れなくなる原因。寝る前のブルーライトは睡眠の質を妨げます。

【熟年世代】

眠りやすくするため軽い運動をすること。適度な運動は心地よい眠りを誘います。

【働く世代】

仕事中に30分以内の昼寝をするのがベスト。
短時間の睡眠で仕事の能率アップ!

勤務中の昼寝を認めている会社がある

おもむろに机下からクッションを出し、パソコンの電源をOFFし、ストールを頭からかぶり、昼寝をしはじめる30代の女性。
昼寝時間、およそ15分。
他の社員は各々の仕事を何食わぬ顔をして続行。

昼寝していた30代女性は語っていました。
「さっきまですごく眠かったけど、ちょっと寝たのですっきりしました。」

この会社の全国会議では、お昼寝休憩が設けられるそうです。
昼寝を認可することにより、仕事の効率がアップし、無駄な残業が減ったそうです。

睡眠の新常識

睡眠はためられないそうです。寝貯めは出来ないってこと。
休みの日に寝貯めすると、夜に眠れなかったり、平日の日中に眠くなるというデメリットが。

作業を行うのは起床後12~13時間が限界なんだそうです。
無理をして起床後15時間以上作業を続けると、酒気帯び運転のような状態になるそうです。

また、夜勤明けの人は目に太陽光を直接入れないことが大切なんだそう。
サングラスや防止で太陽光をカットすることが重要です。

就寝前の入浴で深い睡眠

寝る前に40度程度の入浴をすることで、副交感神経が優位に働いて深い睡眠を得ることができます。
逆に42度以上の温度で入浴をすると、交感神経が優位になり、眠りにくくなります。

関連記事:お風呂の温度で効果を上げる ダイエットには?加齢臭には?

「夜は病院」といわれているように、睡眠いは底知れぬパワーがあります。
同じ眠るなら、少しでも「良い睡眠」を得たいですよね!

忙しい40代はゴールデンタイム(午後10時~午前2時)にしっかり眠るのは難しいとは思いますが、美肌のためにも質の良い眠りのために努力してみようではありませんか♪

関連記事

Profile

運営者: Reiko 40代 既婚 会社員
ページ上部へ戻る