爪周囲炎(ひょうそ)の経過報告/新しい爪が下から生えてきたようです | 40代からのダイエット&アンチエイジング

記事の詳細

今年(平成25年)5月23日からはじまった、爪周囲炎との戦い。
>>過去記事はこちらをご覧ください

何も考えずに足の爪を深爪したことを発端に、その後苦しめられることになった爪周囲炎
日常生活に支障を来たすほどの痛みと不安感を乗り越え、気が付けば4ヶ月が経とうとしています。

既に急性期を過ぎて久しいのですが、今でも靴による圧迫や激しい運動の後には疼痛が襲います。
痛む→腫れる→膿む→通院の図式にならぬよう、痛みが出たら即座にケアをしています。

ということで、今日は爪周囲炎(ひょうそ)の経過報告です。
どうやら新しい爪が下から生えてきたようですよ。

爪の色が上下で二段に分かれ、下から新しい爪が生えてきました

爪周囲炎の予後
※お見苦しい写真で、ごめんなさい

爪周囲炎を患ってから、ぼってりと厚みを増していた爪の厚みが普通に戻ってきました。
腫れてポケットができていた甘皮と爪の隙間がなくなり、乾燥してガサガサになってきました。

それと同時に、爪に段ができてきて、どうやら下からのぞいているのは新しい爪ではないかと。

爪自体は全体的にしっかりしていて、炎症の後遺症ではがれるというシチュエーションは回避した様子です。
皮膚の赤みは治まり、腫れや熱感もなくなりました。

爪周囲炎の再発防止のために気をつけていること

1.激しいスポーツ後などは清潔を心がける。
2.少しでも違和感を感じたら、消毒+抗生物質の軟膏を塗布する。
3.できるだけ圧迫しない靴を選ぶ
4.伸びた爪を切り過ぎない
5.体(足)がむくまない生活を心がける
6.痛みが出たら即座にテーピングをする。

スーパー銭湯に設置されている塩サウナが思った以上に良かった

最近のスーパー銭湯には、サウナの中でふんだんに塩を使えるところが多くなってきましたね。

清潔に洗った爪周囲炎を患っている部分を、塩で優しくもみこすりすると、とても気持ちよかったです。
痛みや炎症がまったく無くなってから、というのが絶対条件になりますが、これは思った以上に回復を早めてくれました。

私個人的にはオススメの「爪周囲炎再発防止対策」です。

機会があたら、どうぞお試しあれ。

関連記事

Profile

運営者: Reiko 40代 既婚 会社員
ページ上部へ戻る